ピル(自費診療)

  • HOME>
  • ピル(自費診療)

ピルとは?

望まない妊娠が防げる経口避妊薬です

望まない妊娠が防げる経口避妊薬です

ピルは2種類のホルモンを含む経口避妊薬です。避妊方法としてはコンドームが広く普及していますが、ピルは女性が主体的に行える避妊方法で、正しく服用すれば99%以上の確率で臨まない妊娠が防げるとされています。また、ピルには女性の安心と健康を守るためのお薬であると言えます。望まない妊娠を避けるということ以外に下記のような副効果が期待できます。

ピルの主な副効果

生理痛や月経前症候群(PMS)の軽減

ピルを服用することで、生理痛や月経前症候群(PMS)の軽減が期待できます。

月経量の減少・生理周期を整える

ピルの服用により生理周期が整い、月経量の減少が期待できるようになります。

生理日の移動

ピルを服用することで、生理日を早めやり、遅らせたりすることが可能となります。結婚式や旅行など、大切なイベントの時に生理が避けられるようになります。

子宮内膜症の改善

ピルには子宮内膜症の改善効果が期待できるとされています。

肌トラブルの改善

ピルの服用によりホルモンバランスが整えられて、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルの改善効果が期待できるとされています。

ピルの種類・処方

院内処方で各種ピルをご提供しています

大阪市阿倍野区にある柏原医院では、院内処方にて「トリキュラー」「ラベルフィーユ(トリキュラーのジェネリック)」「マーベロン」「ファボワール(マーベロンのジェネリック)」などの各種ピルをご提供しています。

取り扱うピルの種類

  • トリキュラー
  • ラベルフィーユ(トリキュラーのジェネリック)
  • マーベロン
  • ファボワール(マーベロンのジェネリック)

処方の流れ

1.ご来院

まずは当院へご来院ください。受付で問診票をお渡ししますので、必要事項のご記入をお願いします。

2.問診

医師が問診を行い、ピルの服用に問題がないか診断します。

3.処方

問診結果や、その方のご希望などに応じて適切なピルを処方します。

※基本的に1回目の処方は1シートとさせていただいております

※保険適応

4.2回目以降の処方

2回目以降は、診察・血液検査等を行い、ご希望に応じて3~6ヶ月分のピルを処方いたします。

アフターピルとは?

避妊に失敗した時などに行う緊急の避妊方法です

アフターピルとは、「コンドームが途中で外れた」など避妊に失敗した時や、避妊せずにセックスをして望まない妊娠をした恐れがある時などに、緊急措置として行う避妊方法です。セックス後72時間以内に緊急避妊薬を服用することで、排卵を遅らせたり、着床を防いだりすることが可能となります。

ただし、アフターピルは確実な避妊方法ではありません。あくまで緊急措置ですので、きちんと避妊したいとお考えでしたらピルの服用をおすすめします。

アフターピルの方法

アフターピルには、「ノルレボ法」と「ヤッペ法」の2つがあります。当院ではご希望に応じて行っています。

ノルレボ法

セックス後72時間以内に、「ノルレボ錠」という緊急避妊薬を1回(1錠)服用することで避妊します。ヤッペ法よりも副作用が少ないのが特徴です。

ヤッペ法

従来から行われていた方法で、セックス後72時間以内に計2回(1回2錠)、緊急避妊薬を服用します。ノルレボ法と比べると吐き気などの副作用が起こりやすいとされています。

ミレーナ(IUS)

ピルが服用できない方のために

40歳以上の方、または何らか要因によりピルが服用できない、また長期的に避妊を希望される方などのために、当院では「ミレーナ(IUS:Intrauterine System)」をご用意しています。子宮内に避妊リングを挿入することで、受精卵が着床するのを防ぐことが可能となります。ピル同様の高い避妊効果が期待でき、1回の挿入で5年程度の避妊が可能となります。また、トータルで見るとピルより安く済むので経済的負担も少ない避妊方法です。

 

06-6622-1161
予約